チューニングメーカー製の珠玉のコンプリートマシン達

こんにちはv2riderです。

前に人生で一度は乗ってみたいバイク厳選10車種って記事を書いたことがあったのですが

その続編として一度は乗ってみたい珠玉のチューンドメーカーコンプリートマシンを紹介したいと思います、

かなり個人的な車種選定なので悪しからず(+_+)



ヨシムラ KATANA1135R

KATANA1135R
出典 ヨシムラジャパン

おそらく一番有名なチューンドコンプリート車両だと思います

ヨシムラが仕入れる事の出来た、五台のスズキのGSX1100S KATANA FINAL EDITION

をヨシムラが徹底的な軽量化とエンジンチューンを施してノーマル車両とは別次元のマシンに仕上げたコンプリートマシンです。

その改造内容は凄まじくほぼ手の加えられていない箇所が無いほどの贅沢な手の入れようで、ベースの刀の車重は250㎏なのに1135Rは197㎏

馬力は95馬力から150馬力へとノーマルとは別物のモンスターマシンに仕上げられています。

購入時の逸話も有名な車両で、購入するために作文を書く必要があり作文審査に合格した五名のみ買う権利が与えられた幻のマシンです。

しかも購入後のアフターメンテナンスもヨシムラが受け持つ代わりに転売不可の条件付きでの販売で358万円と言うプライスの車両でした

希少価値ももちろん抜群だと思いますし、完成されたスタイリングで今見ても本当にカッコいい一台ですよね。

中古車市場には出回る事は無い車両ですので一目だけでも本物を見てみたい車両ですね。

モリワキ MP101

モリワキMP101
出典 モリワキエンジニアリング
モリワキMP101
出典 モリワキエンジニアリング

ヨシムラの次はモリワキです、あまりメジャーなコンプリートマシンではないですがVTR1000SP好きのv2riderとしては外せない車両です。

モリワキのMP101はホンダのVTR1000SPをモリワキが全ての妥協を排除して作りあげた珠玉のv2マシンになります

開発にはあの有名ライダー、ワインガードナー氏が携わり、軽量化、エンジンチューン共に抜かりの無い作りの車両となっていて

ノーマル車両が210㎏に対し199㎏、最高出力は138馬力となっています。

見た目のカラーリングも一目見てモリワキの車両と分かるカラーリングで見る人が見ればすぐに分かる幻のVTR1000SPです。

1135Rとは違い、グーバイクで検索すると大阪のバイク屋さんに一台だけ新車があります(2018年10月現在)

310万円です(+_+)お金があれば所有してみたい憧れのコンプリートマシンですね。

HRC NSF250R

NSF250R
出典 HRC

このマシンをコンプリートマシンと言っていいのか分かりませんがHRCが販売している公道走行不可のレース車両になります。

MotoGPの下位クラスであるMoto3クラスの車両とほぼ同じ車両を個人で購入する事が出来ます

Moto3譲りのレース専用車両のスペックは凄まじく250cc単気筒エンジンながら48馬力 車両重量に至っては84㎏と言う市販車では考えられない

凄まじいスペックの車両です、超軽量の車両にパワフルなエンジンのこのマシンをサーキットで走らせたらどれほど楽しいか…

お値段145万円です、車両スペックを考えると安く感じてしまいますね(+_+)

レーシングマシンなのでメンテナンスの頻度も高く、コンディション維持が大変らしいですがサーキット遊びに本気になってしまったら欲しくなってしまいそうですね…

 




まとめ

個人的に欲しいと思ったコンプリートマシン3車種を紹介しました、3車種共どれも市販車とは違い、かなり尖ったマシン達ですが

尖っている分、魅力も大いにある車両だと思います、もし所有する機会や、見る機会があればじっくりとマシンを見てあげて下さい。

市販車とは違う手の込んだ作り込みにウットリする事間違いなしですよ。( ´Д`)ノ~バイバイ

no bike  no life

created by Rinker
ウィック ビジュアル ビューロウ
¥3,740(2020/09/28 03:08:17時点 Amazon調べ-詳細)