AZ FCR-062使ってみました FCR-062バイクへの効果は? 燃料添加剤インプレ

こんにちは管理人のv2riderです

皆さん燃料添加剤って使った事ありますか?

WAKOSのフューエル1などが有名な燃料添加剤ですよね

燃料添加剤ってオカルト商品なんでしょ?とお思いの方も多いかと思いますがPEAと呼ばれる洗浄成分を使用した燃料添加剤には確かな効果があるんです

WAKOSのフューエル1など有名な燃料添加剤にも使用されている洗浄成分がPEAと呼ばれる洗浄成分でハイオクガソリンにも洗浄成分としてごく微量混ぜられています

先日AZと言うメーカーのFCR062と言う燃料添加剤をMOTOGP観戦に行った際に貰っていた事を思い出したので私の愛車vtr1000spに使用してみました

非常にコストパフォーマンスに優れた商品だったのでFCR062について使用方法や使ってみてのインプレ レビューをお届けしたいと思います



AZ FCR-062とは

AZ FCR-062とはオイルやケミカルなどを販売しているAZ社から販売されている燃料添加剤になります

このFCR-062に使われている洗浄成分はPEA(ポリエーテルアミン)と呼ばれる物でWAKOSのフューエル1やピットワークFZEROなどでも使用されている確かな効果のある洗浄成分となっています

AZ FCR-062の効果

AZ FCR-062の効果としては

エンジン内部の煤やカーボンなどの洗浄効果

インジェクターなどガソリンのフューエルラインの洗浄

ガソリンの変質防止効果

ガソリンタンクの防錆効果

燃費改善

などがあげられます この効果はWAKOSのフューエル1なども同じような効果をうたっている製品なのですがAZのFCR-062の驚くべき点はそのコストパフォーマンスの高さです

コスパ最強の燃料添加剤AZ FCR-062

色々と効果のありそうな燃料添加剤ですがWAKOSのフューエル1などは200mlで1700円~1800円程度の価格なのでお試しで使うにはちょっとためらう金額ですよね…

しかしこのAZのFCR-062はなんと300mlあたり900円程度

Amazonなどでも100mlボトル4本合計400mlで1200円程度の価格で販売されています

100mlあたり300円程度なので非常にお安く燃料添加剤を試せるのですがAZのFCR-062のコストパフォーマンスの高さはまだまだそんな物ではありません

コストパフォーマンス最強と言うからにはまだ理由があります

AZのFCR-062のガソリンに対する希釈倍率は0.25%となっています、対するWAKOSのフューエル1は希釈倍率1%までです

AZのFCR-062の方がPEA(ポリエーテルアミン)の濃度が高いのかフューエル1の四分の一の添加量で済む計算になります

AZのFCR-062はフューエル1との値段差は200mlで

FCR-062が100mlボトル二本約700円 100mlあたり約350円

フューエル1が200mlボトル一本約1700円 100mlあたり850円

と100mlあたりの値段差は約500円程度ですが

希釈倍率の違いを考慮するとAZのFCR-062はフューエルの4分の1の添加量で済むのでフューエル1相当の希釈倍率で考えた場合

FCR-062の100mlあたりの価格350円÷4=87.5円と約88円程度で使用出来る燃料添加剤なのです!!

フューエル1の100mlあたり850円と比べた場合にAZのFCR-062は約10分の1の値段で同じ量のガソリンに対して添加出来ると言う事になります

AZのFCR-062の値段計算を少し割高な100mlボトルの値段で計算しましたので300mlボトルや1L缶で比較した場合にはもっと大きな価格差が出てきます

AZのFCR-062は素晴らしいコストパフォーマンスの商品だと言う事がお分かり頂けましたか?

AZのFCR-062は50ml 100ml 300ml 1000mlと色々な量で販売されているので目的にあった購入量を選びやすいです

AZのFCR-062はフューエル1に比べて1/4の使用量で済むので50mlボトルのAZ FCR062でもフューエル1の200mlと同じガソリン量に対して使用出来ます

50mlなどはやや割高ですが使い切りサイズで使用しやすく200円程度で購入出来ますので燃料添加剤を試したい方にはオススメです



AZ FCR-062の使用方法

AZ FCR-062の推奨使用方法は以下の通りとなっています

まずはガソリンスタンドに行きます

ガソリンがある程度減っている燃料タンクにFCR-062を希釈倍率である0.25%を超えない範囲で投入します(ガソリンタンクの容量を良く確認して添加量を決めて下さい)

その後ガソリンタンクへガソリンを満タンに入れてガソリンと混ぜてその後は普通に走行するとなっていますがこの方法だとガソリンスタンドでFCR-062を入れるしかないのでFCR-062の計量が出来ません

私は自宅にて計量カップを用いて添加剤の容量を計って投入後、車体を揺すって撹拌してガソリンと混ぜる事にしました

燃料添加剤を軽量するカップはステンレス製かガラス製のものがオススメです(プラスチック製の物は燃料添加剤の成分で溶けたり変質してしまう恐れがあるため)

AZ FCR-062の濃度

FCR-062の添加倍率は0.25%となっていますからガソリン10Lあたり25mlの使用量です

燃料添加剤の割合を濃くしたからといって効果が高まる訳ではないのでとりあえず30mlほど計量カップで計量してガソリンタンクへ投入しました

 

燃料添加剤に使用されている洗浄成分のPEAは燃えにくい成分です

添加剤の濃度が濃くなりすぎるとかえってエンジン不調の原因にもなりますので心配でしたら少し薄めの濃度から試す事をオススメします

AZ FCR-062のインプレとまとめ

AZ FCR-062を使用してタンク内のガソリンを使い切る程度走りました

もともとフューエル1やピットワークなど燃料添加剤をたまに使用していた事もあり、新たにFCR-062を使用してみて新たに感じた効果は特にありません

 

しかしPEAを使用している燃料添加剤には確かな洗浄効果があると私は感じています

実際に私が始めてPEAの入った燃料添加剤を使用した際にはアクセルレスポンスの改善エンジンの掛かりが良くなる走行中の息継ぎ症状が改善されるなど沢山の効果を感じる事が出来ました

私が初めて燃料添加剤を使用した際の記事はこちら

ある程度距離を走った車両であればエンジン内部やインジェクター、フューエルラインも汚れて来ていると思います

燃料添加剤を使用する事でそれらの汚れを洗浄してフィーリングアップや燃費改善の効果を実感出来るかもしれません

ガソリンタンクの防錆効果やガソリンの変質防止効果もありますので長期間バイクを保管する際などにもガソリンタンク内に添加しておくと安心してバイクを保管する事が出来ます

AZのFCR-062は値段も安いのでお試しで使うにはちょうどいい商品です ぜひ試してみて下さいね

no bike  no life